兄弟間の不動産売買の注意点 Part1

知り合いが事業で失敗をして破産することなりました。そこで弁護士の紹介や手続きなどいろいろ相談を受け破産手続きをすることになりました。始まると破産管財人とのやりとりになりました。もちろん個人で依頼した弁護士を通じて交渉がすすみました。知り合いは自分が住んでいた土地家屋を不動産担保に入れていたので自己の保有していた他の財産とともに不動産も処分されて財団に入金されるということでした。通常で行けば預金とか有価証券類、高価なものなどは換金されてそのまま財団に移され配当などに回されます。担保不動産の場合は競売にかけられ担保を保有している債権者へ返済にまわされ余剰金が出れば財団に組み入れられます。その知り合いの希望は今後もできればその家に住みたいが方法はないかということでした。管財人ともいろいろ協議した結果、だれか身近でその不動産を購入してくれる人がいるのであれば競売前に任意売却ができるとのことでした。

激安!原状回復工事を承ります!

鹿児島市 不動産 賃貸

会計事務所 渋谷

上海のホームページ制作を依頼されたい方は当サイトまで

目的にあったレンタルオフィス情報を紹介する検索サイト